PAGE TOP

Facebook
高松歯科では各種歯科疾患をはじめ、口腔外科疾患、インプラント、審美・ホワイトニング、歯列矯正などの症状が豊富で安全で実践的な臨床能力を身につけられるよう研修を行っています。当院で研修を受けられた方々の体験談をご紹介します。
2011.02.12

PHOTO管理型長期ブログラム(Aプログラム)で8月からの4か月間をデンタルケア高松歯科医院にて研修をさせていただきました。

この研修を通して私が一番に思うことは、デンタルケア高松歯科で研修をして本当に本当によかったということです。

そんな私も研修が始まる前は、診療や人間関係のことなど不安がたくさんありました。高松先生を始め石原先生は何も出来ない私を厳しくも温かい目で私を見守って下さいました。いつでも「大丈夫か?質問はないか?」などと気にかけて下さい、また失敗をしても何がいけなかったかをフィードバックして下さいました。その度に次の時にはもっと出来るようになっていたいと思うことができました。衛生士の方たちはモチベーションが高く学ぶべきこともたくさんありましたし、つたない私の診療をフォローしていただきました。また頼れる同期がいて私にとっては勉強になったし、幸せな環境でした。また診療以外にも看護学校の授業をしたり、保育園での歯科検診のお手伝いをしたりと貴重な経験をさせていただきました。

PHOTO高松先生は1歩診療所をでると本当に明るく熱い先生で、関連病院である高根病院の忘年会に参加させて頂いたときは高松先生と一緒にAKBならぬTKBとして踊れて本当に楽しかったです。そのほかにも送別会をして頂いたり、ご飯に連れてってもらったりよくしていただきました。

 

高松先生だけでなくデンタルケア高松歯科で働くすべての方たちが個性的で素敵な方ばかりだったので笑いが絶えない4か月でした。

診療のことだけでなく色んなことを教えて頂き本当にありがとうございました。

2010.02.12

私は8月から4ヵ月間、高松歯科でお世話になりました。

卒業したてで何も分からなかった自分ですが、高松先生をはじめスタッフのみなさんに丁寧に指導していただき数多くの臨床に触れさせてもらえることができました。また、みなさんが全力で支えてくれるので安心して治療に専念することができ、とても多くのことを学ぶことができました。

私は大学では学生時代の臨床経験があまりなく、ほとんど全てのことが初めてという状態でしたので、やはりたくさんの失敗をしました。しかし、どんな失敗も必ず院長にフォローして頂き、どこが悪かったのか、こういった場合はどうすればよかったのかその都度フィードバックがあったので自分の悪い点がみつかりました。

高松歯科は専門医の先生も多くいらっしゃり、各科目の専門分野の治療にも一緒に参加することができました。私もインプラントのアシストや抜歯をはじめ、様々な外科処置を経験させてもらいました。

また、初診から患者さんをみることもでき治療計画を立てて診療を進めて行くことは、初めての経験で難しいものでしたが良い勉強になりました。そして、治療をしたら院長にその都度チェックしてもらえるので、自分が行った治療の何がよくて何が悪いのかがよくわかり、技術面でも成長できました。

その他にも出張診療や看護学校の講義、学会への参加など貴重な体験も数多くさせてもらいました。

とてもいい勉強をさせて頂いた高松先生、スタッフのみなさんとても感謝しています。4か月という短い期間ですが、高松歯科で学んだことを生かして頑張っていきたいと思います。

2010.02.12

PHOTO2010年度臨床研修で8~11月の4か月間、高松歯科で研修させていただきました。

私が高松歯科での研修を希望した理由は、臨床研修施設として過去に多くの研修医を受け入れてきたこと、そして高松先生の人柄、臨床研修医に対する理解でした。

渋谷区の歯科医院として長い歴史を持つ高松歯科では、私が生まれる前から通われている患者さんも多く、手元の覚束ない新米の私でも温かく受け入れて下さいました。もちろん上手くいかない事もありましたが、そんなときには高松先生、石原先生、衛生士さんたちがしっかりフォローしてくれました。

また、高松歯科では研修プログラムも充実しており、希望により出張診療、学会への参加、ラボ見学、看護学校での講義など、歯科医師としてのステップアップに繋がる場がいくつも用意されています。自分がどの分野に興味があり、伸ばしていきたいのかを高松先生は聞き入れ、多くの研修機会を提供してくれました。

4か月という短い期間でしたが、得られたものは多く、何よりのびのび研修できました。実際に現場に立つことで学生から医療人へと意識の変化も感じられました。高松先生、石原先生、衛生士さん、技工士さん、他施設のスタッフの方々、そして患者さん。すべての人達への感謝の気持ちを、今後、私の中で「初心」として残していきたいと思います。

2009.02.12

PHOTO12月から3月までの4ヶ月間、高松歯科で研修させていただきました。

後期研修は高松歯科で行いたいと思っていたので、希望が通ったことを知った時にはとても嬉しかったです。

研修は指導医の先生の診療アシストから始まりました。最初の頃は診療のスピードになかなかついていけず、自分の未熟さを痛感させられました。しかし、自分が診療を行うにはアシストがきちんと出来なければなりません。診療の流れが徐々に分かってくると、次に何を準備し、何をしたらよいかということを考えられるようになり、そして少しずつ実践的に診療させて頂けるようになりました。

4ヶ月間の中で、失敗したこともたくさんありました。しかし、そのたびに指導医の先生方、スタッフの方々からのフィードバックがあり、「何がいけなかったのか。次にやらないようにするにはどうしたらよいか。」ということを考えることが出来ました。

高松歯科は幅広い年齢層の患者さんがたくさん来院されるため、様々な症例を見ることが出来ます。一般診療はもちろん専門医の先生方のアシストに就くことで診療を身近で見ることが出来るので、開業医でありながら大学病院のようでした。貴重な経験をさせていただいたと思っています。

開業医では限られた時間の中で患者さんとお話をし、いかに正確に診断をし、効率よく診療を行うかということが求められます。そのためにはスタッフ一丸となって行うチーム医療がとても重要なのだということを高松歯科で学びました。

歯科医師としてのスタートを高松歯科で経験させていただき、本当に勉強になることばかりでした。この経験を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います。

 

高松先生、石原先生、研修医OBの先生方、専門医の先生方、そしてスタッフの方々…お世話になった全ての方々に感謝しております。

ありがとうございました。

2009.02.12

協力型長期プログラムで八ヶ月臨床研修をさせていただいた、尾崎です。

 

高松歯科医院では、患者さまとの会話から思いやりのある声掛け、処置の仕方、滅菌の仕方など、様々なことを指導していただきました。

 

初日は、口腔内の印象もまともに採ることが出来ず、開業医の早いスピードにもなかなかついていくのが大変な状態でしたが、八ヶ月という研修期間の中、みなさまからの指導のおかげで少しずつですが上達していくのが自分自身で分かりました。

 

そして医院での研修では、先生方や衛生士さんから実践的な指導や講義を受けどんなときも患者さまのことを第一に考え、治療に対して様々な視点から考えなければいけない事を改めて学べました。

 

また、インプラント治療や歯内療法の治療ではスペシャリストの先生方のアシストにつく機会を与えていただき、術中も丁寧な説明をしながら教えていただくことが出来て、とても充実した時間を過ごせました。 他にも訪問診療への参加や、研修医である私たちが看護士専門学校でスライドショーを用いて講義をするなど、他医院ではなかなか経験出来ないような勉強をさせていただきました。

 

高松先生やスタッフの方々には大変お世話になりました。これらの経験を踏まえ、研修後は患者さまのことを第一に考え、また、地域社会にも貢献出来る、歯科医師になりたいと思います。

 

2009.02.12

PHOTO2009年度前期の4ヶ月間、高松歯科でお世話になりました。

研修医になり、やっと臨床ができる。と楽しみにしていたのですが、いざやってみると何も満足に出来ず、とにかく毎日必死でした。高松先生は常に、「大丈夫?何か聞きたい事はない?」と気遣ってくださり、診療のポイントの他にも、人としてどうあるべきかなど、熱いお話も沢山してくださいました。

 

高松歯科には、各分野の専門の先生が出入りしているので、専門的な知識を教えて頂いたり、難しい治療など日常的に見ることができます。学生時代はこの先生方に授業して頂いてたので遠い存在でしたが、高松歯科で研修させていただいたことがご縁で、大学の先生方とも直接お話し、相談にも乗ってもらえるようになり、すごく心強かったです。

また看護学校での講師、往診、保育園での歯科検診。と様々な経験をさせていただきました。どれも初めてで緊張しましたが、高松先生はもちろん上級医の先生やスタッフの方が丁寧にアドバイスしてくれて、支えてくれました。

ベテラン衛生士さんばかりなので、まだまだ経験不足の私は迷惑をかけてしまうことが多かったのですが、頑張ればその分応援してくれました。デンタルショーに一緒に連れて行ってくれたり、夜遅くまで残っていた時にラーメン屋さんに連れて行ってくれたり。楽しい思い出がたくさんできました。ありがとうございました。

高松歯科で学んだことを生かし、これからもっともっと成長していきたいと思います。

2008.02.12

PHOTO

私は12月から高松歯科で研修させていただきました。初日前夜、うまくやっていけるかとても不安でどきどきしていたのを今では懐かしく感じるほど、充実した4ヶ月間を過ごすことができました。

高松歯科に来て一番驚いたのが、先生や衛生士の皆さんと患者さんとの信頼関係の深さです。

患者さんの高松先生への信頼はとても大きいと感じました。高松先生が患者さんと話す時は、とてもフレンドリーで、ただフレンドリーというわけではなく、説明を分かりやすいように例えを用いて行い、患者さんの背景を考えて話し、その結果、患者さんは先生に対して心を開くのだと思いましたし、患者さんが笑顔を見せてくれるのだと思いました。

失敗した時、私はとても落ち込んでしまい、どうしようという気持ちでいっぱいだったのですが、高松先生に報告した時に先生は「大丈夫、大丈夫!!」と先生自身の失敗談を交えながら励ましてくれました。このことに、私はとても感謝しています。本当にありがとうございました。

PHOTOまた、高松歯科には各分野の専門の先生が診療にきています。アシストにつくことで、専門の先生達の治療を間近で見ることができます。これからは間近で見たくても見ることが出来なくなると思うので、とても貴重な経験をさせて頂きました。

インプラントにもアシストにつくことができ、治療途中でも説明して頂き、とても勉強になりました。食事にもご一緒させて頂き、色々なお話を聞くことができ、分からないことを教えて頂き、また相談にのって頂いたこともありました。

石原先生には治療に関してはもちろんのこと、抜去歯牙を用いてデモをしながらも教えて頂きました。

4ヶ月という短い研修期間でしたが、皆さんに色々と教えて頂き、またサポートして頂き、とても感謝しています。まだまだ想い出があり、言葉にしきれないですが、本当に感謝の一言です!!ありがとうございました!!!

2008.02.12

PHOTO私は協力型長期プログラム(Bプログラム)にて4月~7月までの4ヶ月を大学病院で、残りの8ヶ月を協力型施設であるデンタルケア高松歯科医院で研修させていただいています。高松歯科医院は協力型施設となってから長いので、以前こちらで研修なさっていた先輩たちとも交流できます。同じ医院で研修していたということで、新米がぶつかる色々な悩みなどにも進んで相談に乗ってくださる先輩たちとつながりができて、とても良かったと思います。
PHOTO日々の研修は指導医の先生に就いて行っています。最初はアシストを中心としていましたが、徐々に実践にも取り組ませていただいています。今まで大学病院での診療風景しか知らなかったので、開業医での流れの早いスピードに最初は戸惑いました。しかし、患者さんの多さや限られた時間のなかで効率的な治療を施すことや、衛生士さんとのチームワークなど、開業医だからこそ深く学べる点が多くあると感じています。GPを目指している私としては、GPのイメージや目標などをいち早く思い描くことができて良かったと思います。またデンタルケア高松歯科医院では、訪問診療を行ったり勉強会へ参加したりと診療室以外の研修もさせていただきました。
卒後1年目という重要な時期に、素晴らしい指導医の先生のもとで学べてとても充実しています。これからも積極的な姿勢で研修していきたいと思っています。

2008.02.12

PHOTO管理型長期プログラム(Aプログラム)で4か月間臨床研修をさせていただいた倉治と申します。

高松先生に初めてお会いしたのは5年生のOSCII実習の時でした。

たった1日のほんの数時間の間だけで、実習の班の監督としていらしていた高松先生の楽しいお人柄が大変印象に残っていました。

時は流れなんとか国家試験に合格、母校である日本歯科大学で日々研修、今度は院外研修先が決まる郡内マッチングが始まりました。

毎日たくさんの協力型施設の先生が説明に来てくださる中、高松先生に実に2年ぶりにお会いしました。

が、なんとたった一度会っただけの私のことを覚えていてくださったのです!

マッチングの発表時にはまさか人気の高い高松歯科に決まるとは思っておらず、びっくりし、嬉しかったです。

PHOTO高松歯科は患者数も多く忙しいのですが、そのような中で高松先生は私たち研修医と本当によく話してくださいました。

他愛もないおしゃべりから真面目な仕事の話まで、限りある研修をどう過ごしたいか、などいつでも気にかけてくださって感謝しております。

診療内容も、保険診療から自費診療、インプラント、再生医療、専門医を招いての治療、往診…幅広く見ることができ、将来のビジョンが決まっていない研修医であってもきっと自分の進みたい方向が見えてくる環境であったと思います。

高松院長先生、スタッフのみなさま本当にお世話になりました。

高松歯科で4か月間研修できたことは一生の思い出です。

2007.02.12

PHOTO院外研修は社会に出る第一歩。研修先として高松歯科と報告をもらったときには行きたいと思っていた病院だったのでとても嬉しかったことを覚えています。そして研修を終えた今、想像以上の充実感でいっぱいです。

不安いっぱいで始まった研修。高松先生はそんな私を温かく向かいいれて下さいました。高松先生はまず私に、「一年目という研修の期間は真っ白なキャンパスだから、この研修医の期間でいろんな物に触れ、いろんな経験をつんで自分なりに色を付けてみたらいい。まずは受け身ではなく自分から取り込んでいくことが大切だよ。」と教えて下さいました。実際、高松歯科には驚くほどに経験をつめるチャンスがたくさんありました!!なんといっても高松歯科は患者さんが多く、幅広い年齢層の患者さんが来院されていて症例が多くありました。また、インプラント症例も他の病院と比べて多く、オペもその後のインプラント補綴も様々なケースのアシストをさせて頂けました。その他にも往診や歯科医師会の講義への参加など本当に多くの経験をさせて頂きました。なかでもインプラントは大学ではあまり触れることのできない領域だったので、一連の流れや状態を一緒にみさせてもらえたことはとても勉強になりました。最初は知識のなかった私も先生が解りやすく説明をしてくださったり、教材を提供してくださったりしたおかげで、最後の方では先生にインプラント症例のことでも質問ができるほどになりました。

PHOTOまた、高松先生と一緒に診療をさせて頂いて勉強になったのが、先生の患者さんの要求を一字一句までしっかり聞き、それに応えていくという診療スタンス。しっかり向き合うからこそできるラポール形成ですが、先生はこの速度がめちゃくちゃ速い!!!本当に速いんです!きっと先生の明るく情熱的なお人柄がそうさせるのでしょう!私もそうなれるように見習いたいなと思いました☆先輩方からもお聞きしていましたが高松歯科は、高松先生をはじめ船山先生やスタッフの方々が優しく楽しい職場だということがなんといっても良いところです。どんなことでも相談でき、笑いあふれる毎日でした。診療やそれ以外の面でもできない私のことをたくさんサポートして頂きました。診療以外で飲みに行ったりしたことはとても楽しかったし、いい思い出です。また、高松歯科のようにチーム医療のすばらしい病院とはこんなにも仕事がしやすい環境であり、心地良い空気が生まれるのだということを身をもって実感しました。4ヶ月間はあっという間にすぎてしまい、本当に得たものは書ききれないくらいたくさんあり、これからの自分にプラスになるものばかりでした。

この経験を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います。

高松先生をはじめとする病院の皆様、本当にありがとうございました。